小説

小説

分からないこと

幼馴染で、同い年で、家族の繋がりもあって、名簿は必ずボクの一つ前で、学校だけでなく同じクラブに入っていて、クラスのマドンナで、よく喋って、たまに恥ずかしくなって、初めてバレンタインを貰って、時は過ぎて、手紙が送られてきて、想いを告...
小説

『事実と小説の酷似は「事実は小説より奇なり」より奇なり』

「事実は小説より奇なり」という、私が好きではない慣用句がある。その理由も奇であるため、ここでは記さないことにする。 実際に小説の内容以上の予期せぬことが起きれば「奇妙」と感じることは確かだろう。 一例を挙げてみよう。 ...
小説

依頼

私が出版社勤務なのを知っているからなのか、「小説を書いたんで、読んでくれませんか?」と言う人がいる。 その人の意図を推測してみると、恐らく「私が小説の評価を出来ると思い見てもらって感想が欲しい」か「私の評価能力など気にせず編...
小説

「引っ越し屋さん、恋人も運んでくれますか?」

チャウコン
小説

『未必のマクベス』と『アゲハ蝶』

『未必のマクベス』と『アゲハ蝶』
受験指導記

お疲れ様

チャウコン
小説

小説一

気軽に読める小説を書きました。
タイトルとURLをコピーしました