おめでとう

大学時代のバイトで目を掛けていた後輩達がリーダーになり連絡をもらった。一般的なバイトリーダーよりも責務の重い役職で、地域毎に選ばれる仕組みだった。リーダーになるには、他薦かつ面接を通らなければならないから、なりたくてもなれるものではなかったと思う。

現役のリーダーだった時は、リーダーを続けて経験を積むことが何より大事だと思ったから、やらなければならないことを教え、後は如何に手を抜くか(効率良くサボるか)を教えた。バイトで注目される人はどうせ言わなくても真面目にやるし、他のリーダーも意識高い系だったから、バランスを取る意味でも“ユルい”指導をした。

結果、その後輩達が意識高い系に(面接で)勝ってリーダーになった。

「ちょっと優し過ぎるんじゃない?」と牽制してきた連中、ざまぁみろ。

真面目にもなれるし、サボることも出来る。その方が真面目に“しか”出来ない人より“ヒト”として有能だし魅力的だと思う。どの環境でも適切だとは思わないけど、あの環境では正しかったと証明出来たと思う。

結構良い気分。

チャウコン

コメント

タイトルとURLをコピーしました