【スガシカオ】黄金の月とジン・トニック【ボンベイ・サファイア】


 


2022年がもう半分終わるとのこと。


早いと言われれば早いが、驚くほどでもないな、という感情。よく分からない。


そんなことより暑さの方が異常。原因は大体これに尽きる。


 


そんな夜には、『黄金の月』(スガシカオ)を流しながら、ジン・トニックを楽しむ。

6月を表した歌です。今日ならギリギリ間に合います。

本家はこちらですが、

こちらのカバーも好きです。こちらの方が好きです。

ごめんなさい。カバー主が不明です。

 

 

先日、久々に話した人に近況を伝えると「小説みたい」と笑われた。信じてもらえないなんて、自分はなんて信用がないのだろうと4秒くらい落ち込んだ。でも、5秒後にはこの歌のことを思い出していた。昨日は新月で歌詞通り月は全く見えないけれど、やっぱりなんか好きだなと時差を経て思ったりもする。この歌が好きなのか、その人が好きなのかは分からない。

 

ボンベイ・サファイアのジン・トニック

本来の意味でのジン・トニック


ボンベイ・サファイア(サントニック※を使用)

※サントニック…サントリーのトニックウォーター。ボクが考えボクしか使っていない造語。

 

キンキンに冷えているのも、そしてその風味も勿論ですが、やはり青い容器から伝わる涼しさに癒されます。これまで以上に青が好きだと感じるのは酷暑によるものでしょうか。

 

ジントニックのカクテル言葉は、君に向けたものだと思ったけれど、そんなことを伝えたら「余計なお世話だ」と言われそうなのでやめておく。ライムがあればもっとクサいカクテル言葉を伝えて、君は呆れて笑ってくれそうなのに、いつもタイミングが悪い。

 

 

チャウコン

ブログ
chaukonをフォローする
チャウコンのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました